2017年12月05日

映画製作過程で東南アジアの“戦争の爪痕”が垣間見える「潜行一千里 ...

映画.com ニュース] 第69回ロカルノ映画祭若手審査員・最優秀作品賞を受賞した富田克也監督の最新作「バンコクナイツ」(2017)の製作過程を追ったドキュメンタリー「映画?潜行一千里」の予告編とビジュアルが、このほど披露された。映画を製作する過程で垣間見えた、戦争が東南アジアに残した爪痕や、その結果生まれた歓楽街の風景などを収めている。 「サウダーヂ」(11)などで知られる映像制作集団「空族」の富田監督&脚本・相澤虎之助が、構想に約10年をかけて完成させた「バンコクナイツ」。



Posted by わんこスター  at 15:10 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。